投資系商材を検証

    私が購入した投資系商材などを検証・評価します。今のところFXに関するものがメインです。

    テクニカル分析ってあてになるの?

    (2014/02/09)
    維新の介さんの「大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術」についての質問に回答しておきます。

    (・_・;)テクニカル分析ってあてにならない時もあるんでしょ。詐欺じゃないの?

    ( ̄~ ̄;)テクニカル分析があまり意味をなさない場合、テクニカル分析での判断が難しい場合についても触れられている点では、維新の介さんの書籍は大変良心的だと思うのですけれどもね…テクニカル分析で「このサインに従っていれば100%リスクなく儲かります!」とか言っていれば、一般的な意味での詐欺にあたると思いますけどね。維新の介さんは「テクニカル分析は万能ではない」「相場はわからないものというのが大前提」であるとおっしゃっています。

    (・_・;)サインに従って私が儲からなかったら詐欺だと思うんだけど!

    ( ̄~ ̄;)それは詐欺でもなんでもなくてあなたの判断ミスだと思いますね。あまり言ってしまうと書籍の内容に触れてしまうのでここからは書籍に書かれていない私見を述べますね。
     テクニカル分析は過去のある時点から現在までの市場における値動きから計算で割り出されたもので、いわば「鏡に映った像」のようなものです。過去の値動きについていつから考えるかによって計算の結果は変わりますので、それぞれの鏡には「ゆがみ」がどうしても生じます。あるテクニカル分析で買い場(売り場)とされるサインが出て、価格が上がる(下がる)とされるときに反対の値動きとなるいわゆる「だまし」となる場合があるのは、この「ゆがみ」の影響が大きいといえます。
     そこで、いろいろなテクニカル分析を併用し、この「ゆがみ」を少なくしていくことになります。その場合でも「ゆがみ」が完全になくなるわけではなく、「価格が上がるだろう(下がるだろう)」というサインが正しい確率が高くなるだけです。ただ、トレーダーはこの確率の高さに注目して買い(売り)の取引をしているわけです。
     この説明で分かりにくければ…身近なものですと天気予報みたいなものと言えるでしょうか。現在気象観測技術は飛躍的に進歩を遂げており、大きく予報が外れることは少なくなりました。大体は当たります。外れる場合もありますが、あなたはこれから大雪が降るという天気予報を見たら

    (・_・;)げっ、今日はこれから大雪が降るのね…いつもは車で外出するのだけど危ないから車はやめてバスや電車にしましょ。そして用事を手早く済ませて早めに帰宅しましょう…

    ( ̄~ ̄;)…と行動するでしょう?それと同じです。

    (・_・;)私は大雪降ったらテンションあがって仲間と騒ぐけどね!雨とかでも少しなら傘持ち歩かないし!

    ( ̄~ ̄;)うーんまあそういう人もいるかもしれませんね。でもあなたもずぶぬれになって寒い思いをしたりするのは嫌でしょう?

    (・_・;)まああんたの言いたいことはなんとなく理解したわ。話を戻すとじゃあ「ゆがみ」があるテクニカル分析という鏡を何枚組み合わせれば相場は「真の姿」を表すのよ。

    ( ̄~ ̄;)「真の姿」はあなたが今目の前にしている刻々と値動きしている価格そのものですよ。テクニカル分析という鏡は何枚合わせてもあくまで「過去の姿から想像した現在の姿」でしかないですから。天気予報が当たる確率高くてもあくまで「予報」であるのと同じです。天気予報でいえば現実での天気が「真の姿」と言えますね。

    (・_・;)確実に儲けるにはどうすればいいのよ。私は損したくないのよ!

    ( ̄~ ̄;)確実に儲かるっていうのはないんですよ。儲かる確率が高いというだけで。付け加えると、テクニカル分析で過去の姿をいくら重ね合わせても未来に起こる突発的な出来事には対応できないんですよ。相場でいえば、指標の発表や要人の発言などのファンダメンタルズ(「経済の基礎的条件」のこと。為替の分野では、主に経済のマクロ面についての指標のこと)の要素ですね。指標発表はまだ時間が決まっていて対処できるからいいんですけど、予期せぬ要人の重大な発言などは対処できずにテクニカル分析に反する値動きとなる場合もありますね。

    (・_・#)じゃあテクニカル分析なんて意味ないじゃない!

    ( ̄~ ̄;)いやいやいやいや…高い確率で当たるのだから明らかに有益ですよ。ただ過信するなってことです。あなたは天気予報が外れる場合があるからと言って、じゃあ天気予報を調べないで出かけたり天気予報に反する行動をするかってことですよ…しないでしょう?

    (・_・;)必ずこうなるってわからないといやなのよ私は。

    ( ̄~ ̄;)相場を含めて世の中に変化しないものなんてありませんよ。どんなものも「信用できる確率が高い」だけであって、「100%信用できる」なんてありえないんですよ。ここでは単純化して利益と損失の額が同じ、手数料などの経費を考慮しないことにしましょうか。確率としては勝率が50%を超えればトータルでは儲かるんですよ。利益の値幅が大きく、損失の値幅を小さければ勝率5割を切ってもトータルでは儲かるわけで。「だまし」による損を損として受け入れ、損切りをしっかりできるようになることが儲かるトレーダーとなる第一歩だと思いますね。

     私はあなたが自分で自分の責任がとれる投資家になるまで為替の取引はしないことをお勧めしますよ。別に誰も取引してくれるようあなたにお願いしているわけではありません。ただ、維新の介さんは書籍の第5章であなたのような方が意識を変えることができるような大変いいことを言っているので、書籍は買ってみるといいですよ。ずいぶん価格もお安くなりましたので、おひとついかが?( ̄~ ̄)つ維新の介さんの商材

    (・_・;)なんか言いくるめられた上で子ども扱いされたみたいで癪に障るんだけど!まあその本については考えておくわ。でも癪に障ったからあなたからは買わないでよそで買うわ!

    ( ̄~ ̄)まあ本は気が向いたらでいいですよ。何かあなたに心境の変化があればまた意見を申し上げることもあると思いますからお気軽にどうぞ。

    追加で質問やご意見があれば他の方からも募集します。時間があるときに対応いたします( ̄~ ̄)


    « セーフリッチFXプログラム(松下誠のFXweekly report)|Top|日記(2013年後半) »

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://fx-toushi.jp/tb.php/790-a20573ea

    Top

    HOME

    sal(さる)

    Author:sal(さる)

    私が購入した投資系商材などを検証・評価します。
    今のところFXに関するものがメインです。

    連絡先メールアドレス
    sal@i.117.cx
    ↑@を半角に変えて下さい

    商材などに関するお問い合わせはメールかコメントでお気軽にどうぞ。

    なお、携帯から、もしくは表示が遅い方はこちらをお試し下さい。


    別ブログ 日々是修行~ラインと移動平均線から考える本日のトレード戦略~

    QRコード

    FC2Blog Ranking


    外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。